スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
いったい何科目にする?
さて、いくつかの塾をリサーチして、大体のところは決まったので、2週間後ぐらいに、再びそこの塾へ電話した。すると前の電話のことを覚えていてくださってので、話が早い(前の電話で、かなり詳しい説明をしていたので)次の日に、さっそく面談となった。

そして、面談。

ものすごく緊張している長男

そして、こっそり緊張する母(苦笑)

さて、教室に入ってすぐに、担当の方と面談。進学塾と違って、テストなどはなし。そしてすぐに、実際どんな授業をすべきかを提案される。

夏休みは算数のみ

他の塾では、4教科薦めたれていたのだが、いきなりそれだけ詰め込んでも、長男は混乱するだけのような気がして、それなら夏休みは、国語と算数の2教科に絞ろうと思っていたところに、もっと大胆な提案。

確かに、それのほうがいいかもしれない・・・。

あと、長男が入りたい中学には、一般試験のほかに、推薦枠らしきものがある。これは、それまで塾に通っていない子を対象に国語と算数の2教科の小学校応用レベルのテストと、作文、面接で合否を決めるものだ。これは、学校説明会に参加した時にも説明があったので、知っていたが、合格者人数など、詳しいことが分からなかったため、あまり考えてには入れていなかった。

しかし、この塾では、この受験方法を薦められる。確かに、長男にとっては、そのほうが負担が少ないだろう。だが、長男は作文が苦手。そのことも塾側に伝えるが、「それは追々やっていくことになると思います。」とのこと。作文も見てくれるそうだ。

やはり、系列にこのあたりで1.2を争う中学受験専門塾を持っているだけあって、情報は多そうだ。ここだけがこの方法を提案してきたのだから。

7月、8月の予定を書き込み、ファックスを送れば、申し込み終了。授業日程が決定したら、その回数分の授業料を振り込むことになる。

そして長男とも相談し、7,8月で20回分の授業を申し込むファックスを送信した。

どこぞの英会話教室みたいに、なかなか予定が取れない・・・なんてことがなければ、夏の予定は何とか決まりそうだ。

スポンサーサイト

テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

未分類 | 14:38:21
夏期講習
最近、夏期講習の折り込みチラシが増えてきた。

我が家の長男も、家での勉強だけでなく、どこかで教えてもらったほうがいいのだろうが、どこを選んだものか。

入ってきた折込チラシを片っ端から眺める。大手進学塾の夏期講習は、1学期の復習+αがほとんどで、受験用はほとんどない。あっても、遠くて通えない。

それ程大手じゃないところも、受験クラスと言うのは、ない。当たり前と言えば、当たり前か。4年生、遅くても5年から準備始めているだから・・・。

次に見たのが、個別指導。1対1または1対2で教えてもらう。これだと割高だが、それぞれのニーズに答えてもらいやすい。時間も選べる。

そこで、個別指導に絞って、電話をかける。

電話したのは、4ヶ所。

1件めは、非常に高い合格率で知られるところ。話を聞いたら、「遅すぎます。夏休みに、少なくても300時間はがんばらないと・・・」と言われた。

それって、1日10時間ってこと?

おまけに値段も高い。「人それぞれなので、値段は一概に言えません。」と言うのを、無理やり聞いてみると、月に45000円~9万円。

うぎゃ~~~!!そんな値段は、払えない!!!

おまけに、ここのセールストークが、かなり怖かった。最初に、「このままじゃダメ」を何度も連呼され、凹んだ気分のところに「でもこうすれば・・・」と言われると、なんだかそんな気になってしまう。

でもこれって、何かに似てる・・・気がする。とりあえず電話を切ったあと、よく考えてみたら、テレビで昔見た新興宗教の勧誘がこんな感じだったかも・・・・

2件目。ここは、この地区では、大手に入る塾の系列の個別指導。中学受験専門塾も系列にあるので、情報は多そう。

電話でも「今からでは厳しい」と言うのは同じだが、それでも、そこから先へ考えてくれる雰囲気が伝わってくる。それに、同じ受験でも、長男が希望している学校には、一般受験のほかにも、受験の方法があると言ってきたのもここだけだった。

3件目。大手個別指導塾。ここは、1週間に4コマで・・・といわれる。ウィークデー2コマ、土曜2コマ。これで全教科やりましょうと言うことだ。だが、どうなんだろう?

4件目。最近近所に出来た個別指導。一番安いが、実績がない。

う~~~ん。

最初のところは、絶対なし。2つ目は少し高いが、やはりそれなりのメリット(時間外にも自習室で指導が受けられる、振り替えが出来る)等のメリットがある。3つ目のところは、値段はまあまあだが、メリットがあまりない。なによりも場所が少し遠い。4つ目。一番近所で値段も安いが、実績が不安。

2つ目、4つ目かな?と目星をつけ、結果を主人と長男に報告する。長男は、2つ目のところがいいという。確かにスイミングに行く途中にある場所と言うのがメリットとしては高い。それに、同じ系列の中学受験専門塾も道路を挟んで向かいにあるので、中学受験の情報は、ここが一番多そうだ。

こうして、個別指導塾がやっときめられそうだ。

未分類 | 20:30:21
試行錯誤
4月半ばの、長男の爆弾発言より、始まった「受験勉強」。本人のやる気はものすごいものがあるが、親がそれについていけない。まず、私も主人も中学受験などしたことがないので、どんな勉強をさえていいのか、分からない。

だが、そんなことも言っていられないので、問題集を参考にとりあえず出来るところ(出来そうなところ)から始める。

算数は、5年の終わりに買った「算数力」(6年生以上)を進めていく。国語は、「実力突破 国語」の、長文を。社会と理科は「でる順」を。

まず、算数は学校の自由学習に勉強を一部組み込んで、問題をコピーし、ノートにはってそれをやらせることにした。他の、理科・社会・国語は朝と夜の勉強時間に。

だが、ネットで勉強方法を調べたりするうちに、これではダメだと思い、学校の自由学習に、漢字と計算問題(どちらもでる順)を追加した。そして、週末には、その週勉強したことのテストをやって、総復習。

1ヶ月ほどした頃、私が息切れし始めた。全教科を見て、週末はテストを作り、そのほかにもPTA役員や子供会役員、管理組合役員など、他の仕事。もう限界!!と爆発。

そこで、夫婦で話し合い、主人に理科を見てもらうことになった。これでだいぶ楽になったが、それでも、夕方の食事準備の最中に勉強をみなければならないことが多く、そのため、夕食準備を昼に済ませ・・・としているうちに、またオーバーワーク。家の中の仕事が回らなくなってしまった。

それに、夜、スイミングのあと9時半から11時近くまで勉強していると、明らかに頭の回転が悪くなっているのが分かる。これでは、無駄が多い。それから、自由学習も、先生から「自分で考えた勉強を」と言うコメントもあり、受験勉強をやらせているのも、ちょっと・・・という雰囲気。再び、方法を変えることにする。


朝、国語か算数。学校から帰ってきたら宿題の他に自由学習に計算、漢字と自分で考えた勉強。夜は、理科か社会(暗記が多いもの)とした。そして、各教科それぞれ必要に応じて宿題も出すことにした。そして、土日はテストと総復習。

我が家の長男は、非常に生真面目で、「宿題」と聞くと、「必ずやらなくてはならない」と思うらしく、時間の合間を見つけて、一生懸命やっている。

そのほか、スイミングへ行く車の中でも、慣用句やことわざを見て覚えている。これなら、運転しながらでも私も説明できるし、会話も弾んでなかなか楽しい。(帰りの車は夜なので、もちろん出来ない。そもそもくたくたで、それどころではないだろうし)

そんなこんなで、我が家の長男、ただ今、遊ぶヒマもテレビを見るヒマも、もちろんゲームを見るヒマもない。

「それでいいの?」と聞くと、「水泳と勉強できれば、それでいい」

う~~~ん、6年生でこれでいいんだろうか?と思いつつも、本人の意思が固く、あまりに一生懸命なので、「ま、いいか。」と思うことにしている。

ただ、そのその意思の固さに見合うほどの理解力は・・・・・ない(爆)

テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

未分類 | 14:51:54
寝ない子
さて、我が家の長男は、小さい頃(新生児のときから)本当に寝ない子だった。

新生児の時でさえ、お昼寝らしいものは、ほとんどしなかった。午前15分、午後15分とか。これでは昼寝ともいえない。夜は7.8時ごろ、ころっと寝るが今度は、夜泣きの開始で2,3時間おきに泣いていた。

昼間も、とにかく泣く子で、3時間も泣きっぱなしだったこともある。ミルクも、オムツもみて、抱っこして、散歩していても泣き続けていた。そして泣き疲れて・・・・寝ないのである!!

今でも、どんなに疲れていても、車の中で寝ることはほとんどない。

この「寝ない」ことに、ほとほと手を焼いていたのだが、今回の受験勉強に関しては、これが本当に助かっている。

夜11時にねても、次の日、5時には起きられるのである!!(私だってつらい)

こうして、夜1~1.5時間、朝1時間の勉強は、3ヶ月弱、続いているのである。

テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

未分類 | 19:34:04
とりあえず
さて、長男に「じゃあ、やってみようか」といったところで、何から始めるべきか、思い浮かばない。

塾探しというのは、スイミングを続けるという段階で諦めなければならない。中学受験の塾は、6年は週に5~6回というところが多く、とても無理。

それに何より、子供のほうが「やっぱりやめる」と言ってもおかしくない。なにしろ、今までは学校の宿題と、私が買った簡単な問題集ぐらいを土日にするぐらいだったのだから。

とりあえず、本屋に行って「中学受験」と書いてある問題集を国語、社会、理科と3冊買った。算数は、5年の終わりごろに、「もう少し難しい問題がやってみたい」と言うので、教科書レベルよりも少し難しめのものを買ってあったので、そのまま続けることにした。

さて、勉強時間をどうするか。

まず、朝5時~6時。夜9時~10時。この2時間を勉強にあてることにした。そして、宿題の自学(自由学習)。これも、受験用の勉強に一部組み込んだ。

さて、スイミングから帰ってきてから、勉強できるか

テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

未分類 | 19:10:12
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。