スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
塾 開始
7月になって、とうとう(やっと?)塾に通い始めた長男。といっても週に2回だし、1回の授業も85分一コマなので、それ程大変でもなさそう。宿題はそれなりに出ているが、2時間も勉強すれば終わるぐらいだし。

でも、毎日夜まで塾で、その後大量の宿題をこなさなければいけないという、中学受験生は大変だろうなぁ。

長男が行き始めた塾は、個別指導なので、先生一人に生徒が二人。進度もその子に合わせてくれるから、ついていけなくなる心配はない。ただ、本人の理解度で、進み方は遅くなるだろうけど。

大手中学受験の夏期講習の値段を耳にする機会があった。なんと20万だそうだ。それこそ朝から夜まで。夏休みに300時間以上勉強するコースらしい。ついていければ、この上なく有意義なんだろうが、我が家の長男みたいに、いきなり受験したいといってそのコースに入っても、きっと置いていかれるだけだろう。それでは20万がまるっと無駄になってしまいそうで、恐ろしい。進度が遅くても、個別指導のほうが家の長男にはよさそうだ。

まず、夏休み全部塾通いは出来ない。水泳の練習もあるし、遠征試合も合宿もあるし。

それに、長男も個別指導塾は非常に気に入ったようだ。85分が30分ぐらいに感じたというぐらいだから。よかった。

それに、授業以外の時間に行っても、勉強を多少見てもらえるのもいいらしい。ちょっと見てもらうだけかと思ったら、結構しっかり見てもらえるらしい。もちろんプリントなんかももらえる。先生だって、熱心な生徒には、熱心に教えたくなるだろうから(たぶんね・笑)、どんどん行ったらいいよと言ってあるので、個人懇談で学校が早く終わる水・木・金とたて続けに行って、塾の雰囲気にも完全に慣れたようだ。スイミングのほかに塾の送迎が増えたわけだが、スイミングへ行く途中にあるので、それ程負担には感じない。私の心配も1つ減った。

さて、個人懇談。まず、全国統一テスト(?)の結果を見せられる。まあ、悪くはないが、それ程よくもない。親の私から見ると「まあ、こんなもんだろう」と思うのだが、先生は「もっとできると思ったんですが・・・」と。

長男は、学校の成績がそれなりにいいので誤解されやすいが、決して頭はよくない。飲み込みも悪いし、ひらめきもないし、要領も悪い。「うてば響く」というところがほとんどない。よくて普通だ。それでも学校の成績がいいのは、本人が非常にまじめで、きちんと物事をこなしていくからだ。忘れ物もほとんどしないし、宿題もきちんとこなす。クラスの仕事や委員会の仕事もサボらずきちんとやる。友達同士の喧嘩も少なく(多少はあるようだが)、少々泣き虫なところはあるが、それでも精神的にも落ち着いている。親から見ても、「少し肩の力を抜いたら?」というぐらいの生真面目さだ。だから学校の成績はいい。先生のウケもいい(笑)

でも、中学受験となると、ちょっとちがう。でも、あの生真面目さで努力していくのかも。本当は親としてはダメなのかもしれないが「もうちょと肩の力、抜いていいんだよ」と思ってしまうが・・・。

スポンサーサイト

テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

未分類 | 08:08:21

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。