スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
惨敗
いまだ1回も受験用のテストを受けたことがない長男。塾の勉強(宿題)はやっていても、それ以外はたるみ気味。

私も最初のころのような熱意と根性がないのも事実。(小学校関係の役員の仕事が立て込んでいて、気力が奪われていく~~~)

とある中学受験塾のテストをもらったので、家でやってみることにしました。今まで、受験用じゃないテストでは、そこそこの点でしたが、さすがに受験用テスト。量も多いし難しかったようだ。

惨敗・・・(涙)

算数 50点(夏休みから塾で勉強してきたからこそ、なんとかこの点だったと思う)

理科 40点(まだ暗記したことを応用するがなく、また計算力も足りない)

社会 71点(夏休み、しっかり覚えていたので、何とかこの点。ただ、歴史の問題が少なく、年号を覚えていないと答えられないという問題がなかったので点が比較的取れたよう)

国語  22点(思いっきり赤点。苦手な上に、夏休みサボったツケがどっと出た。落としてはいけない漢字が惨敗なのも痛い)

ただただ、惨敗というしかないような結果に、親子ともどもがっくり。

ただ、これで何をやるべきか少し分かったことと、だらけた気分に「カツ」が入ったのは確か。

出来るだけ週末にテスト形式の問題をやり、スピード、正確さをつけていかなければならないだろう。方針が決まっただけでもこの惨敗は価値があったのかも。

週に5回の水泳を続けたまま、受験をするという周りにも誰もいない条件で、手探りで勉強方法を探してきたこの数ヶ月。全く成果がなかったわけではないというだけでも、励みになるかな。

スポンサーサイト

テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

未分類 | 16:35:30
激怒
今日から2学期が始まった。今日は始業式で。午前中で帰って来たが、明日からは給食もある普通授業開始だ。

長男が、私のところへ来て「この前整理した、教科書とかある?」という。1年生からの教科書が全部とってあったのだが、それを整理して捨てたのだ。

「この前の資源回収に出したよ。」というと、あわて始めた。「国語と算数の教科書がない!」と半泣き。ついこの前は、理科の教科書がないと大騒ぎして、これは何故か次男の棚から出てきたということがあったばかりだった。

いいかげんにしなさい!!!

私の雷が落ちた。

「受験したいなんて、言っていて、教科書がないってどういうこと?」もう受験なんてやめなさい!!」

あ~~~、もう言わないことにしようと思っていた言葉がつい出てしまった・・・・。


結局教科書は、脇においておいたつもりが、ガラクタの箱(ブラックホールがあると思われる)の中にあった。(良かったね。ブラックホールに吸い込まれてなくて)

久しぶりに見た、棚のランドセルの中も、相変わらずものすごいし(ここにもブラックホールがありそうだ)整理が下手というか・・・出来てないというか・・・。

宿題はきちんとやっているし、手紙はそれなりに出していたので、油断していた。

テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

未分類 | 21:49:24
夏休み終了
今年の夏休みは、土日もはいるが、もう気分的には夏休みも終了。今日が最後の夏期講習の授業となる。

この夏休み、長男は社会と理科は、何と(本当に!!)かひと通りの暗記をすませ、漢字・計算・新聞のコラムの勉強を毎日続けていた。

塾は算数だけだったが、5年生の特珠算に入った。

どれも、「なんとか終わった」に過ぎず、しっかり確実にというのとは程遠い。昨日、塾から夏期講習の様子と勉強の状態を電話連絡でもらった。

算数は問題に対する思い込みが強く、分からないと手が止まってしまうことや、計算ミスが多いことが指摘された。思いっきりその通りである。ただ、夏休み前は、分からないとすぐに私に「わからない~」と持ってきていたのだが、今では、間違えていたとしても、何とか自力でほとんど解けるようにはなったようだ。中学受験クラスの問題になると、1,2問は、持ってくる事もあるが、1問解き方・考え方を説明すると、あとは自分で考えることが出来るようになってきたことは、成果として大きい。

そして国語。これは受講はしていなかったが、テスト等を受けた時の様子から、今の状態を説明してもらったのだが、勉強不足というか・・・・解けていない問題が多く、かなり厳しいと。まあ、そうだろうと思う。私が見ててもそうなんだから。とりあえず、今は新聞などを読んで、「文章を理解する」練習をするしかないか・・・と。長男は、本を読むのも、文章を読むのも好きなので、それは救い。

理科と社会は、「暗記は得意ですか?」ときかれた。まあ、夏休み中、暗記物ばかりやっていたから、当然だろう。ただ、その先への発展力がついていないのは仕方が無い。

とりあえず、長男本人にとっては、水泳の遠征あり、合宿あり、勉強も今までにないぐらい(当たり前だが)がんばって充実したものになったと思っているようだ。

9月からも、続けて受講したいということをお願いし、週に2回、算数を受けることに決まった。スイミングのない日に入れることが出来たので、受験がうまくいかなかった時は、中学になってもこの曜日で受講することになるのかもしれない。(そのときは数学と英語?)

終わってしまえばあっという間だった気もするが、長くて暑い(いや熱い)夏休みだった。

だが、これから追い込み。まだまだ受験するき満々の長男には、かなりのがんばりを期待するしかない。

テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

未分類 | 08:04:42

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。