スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ラビット
学校の面談も無事終わり、担任の先生からは「インフルエンザが流行るようだったら、ご家庭の判断で休ませてください。体調を万全に、受験に望んでください。」と言う、ありがたい言葉をいただいた。

インフルエンザの予防接種は、かなり悩んだが、本人との相談の結果、受けないことにした。接種日は水泳をやめてくださいと言われるのが嫌なのと、単に痛いのがいやらしいのだが。もし、当日病気になって、不合格になったとしても、それはそれであきらめると、長男が決めたので、それに従うことにした。まあ、今まで予防接種をした年に限って、何故かインフルエンザにかかっているという、因縁もあることだし。

手洗いうがい、人ごみに行くときはマスク。それから睡眠不足に注意するということになった。

冬休みの具体的な勉強方針も決まり、ラストスパートが実感されるようになってきた。

遅いのを覚悟で始めた長文の読解もだいぶましになってきた。まだまだスピードは遅いのだが、的確に線が引けるようになってきたおかげで、回答が見つけられるようになった。早ければ、2週間ぐらいで効果が現れてくるとあったが、本当だ。ここ数回の正答率は、以前の倍以上になっている。だがまだスピードが・・・。あきらめずにそれでも粘り強くやっていくしかない。

算数は・・・・塾任せの方針で、我が家では宿題のみだが、これは信じてやっていくだけ。本人の意識も高くなってきたので、ケアレスミスが減ってきた。

理科社会は、冬休みに、最後の追い込み。問題集を1冊づつ、とにかくくり返しくり返し覚えなおし、やっていくことになっている。本人も、30分に区切って、集中してやっていくことにしたようだ。(キッチンタイマーをセットしてやるらしい)

受験生、みんながラストスパートをかけている。でも、ラストスパートをかけるのって、結構大変だと思う。それまでに気力も体力も使い切ってしまっていたら、とてもスパートはかけられない。

そんな中で、私や主人が、マラソンのラビットのように走っていけたらと思っている。

間違っても、ラビット役の親が、息切れして脱落しないようにしなければ・・・(こちらのほうが心配)

テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

未分類 | 21:50:36
面談
先週、なかなか来ない、面談のお知らせに業を煮やし、とうとう塾に電話。面談の予定をとってもらった。

塾側からは、受験科目を2科から4科にするかも・・・という話はあったが、それもそれっきり。それより何より面談をしないと、冬期講習の予定が立たない。そのため、他の予定が何も決められない。

受験科目も、長男的には4科と2科両方受けると決め、受験校ももう1校同レベルの学校を受けるかも・・・ときめていたので、それほど塾側と相談することもないのだが、それでもプロの意見を聞いてみないと、落ち着かない。

さて、面談をやってみれば、ほぼ、我が家の方針と同じ。受験方法は2科と4科の両方でと言うことになった。もう1校の受験校については、第1志望の学校の前の週で、こちらも2日間受ける予定だと伝えた(2回受けたほうのいい点をとって、合計するのでそのほうが有利なので)ただ、2週続けて、2日連続の試験に耐えられるのか、集中力は続くのかと言う問題があるので、これはまだ確定ではないが。(おまけに、家から遠いし・・・)

取れる問題は確実にとり、時間がかかる、面倒な問題に惑わされないようにすること(特に算数)理科は、苦手な計算問題を中心に塾で見てもらい、暗記は家でくり返し行う。社会も、くり返し覚え、「うろ覚え」がないように埋めていき、塾では確認テストを行う。ことに決まった。

国語は、急に対策が取れるというものではないので、塾ではそれ以外で点を稼ぐ作戦。だが、家で私と地道に読解の勉強になるだろう。今年から作文が小論文になるので、その点では少し有利かも。長男は、表現力も語彙力もないので、些細な日常を膨らませて書くなど至難の業。自分の考え書くほうが、書きやすいらしいし、いろんな問題について、親子で話したり、考えたり、時には一緒に調べてみたこともあるので、まだ気が楽らしい。これは「有利」な材料として考えることにしよう。(実際はどうであれ・爆)

方針も決まった。私の気持ちもあとは長男と一緒に、最後まで走りぬくことに決まった。

もう、「受験なんて、やめなさい」とは、絶対に言わない。


テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

未分類 | 16:44:47
前のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。