スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
お弁当2個
今日から、長男はお弁当を2個持って、学校へ行っている。

先週の土曜日から期末テスト前の特別補習が希望者受講で行われている。土曜は午後がその補習にあてられ、今日からは授業が終わってから夜8時(日によっては8時半まで)がその時間にあてられる。

そのため、夕食時間が30分取られ、そこで夕食をとる。お弁当の注文もできるし、その時間に届ける方もいらっしゃるようだが、我が家の場合、スイミングの後に夕食になるので、何時も夕飯が8時半~9時頃になってしまうので、それほど遅くなるようには感じない。おやつ代わりに、スイミングに行く前におにぎりを食べているので、それと同じように梅干のおにぎりとチーズ、長男の希望でインスタント味噌汁を持たせた。

授業の荷物、お昼のお弁当、夜のお弁当、水筒(お茶用、お湯用)、雨合羽とものすごい量の荷物を持って出かけていった。

8時半までかかる日だけは、お弁当の注文をするかもしれない(本人も頼んでみたいようだし)

長男は集団塾の経験がない。だから、みんなで受ける補習の雰囲気にかなり驚いていた。本人曰く

「あれは、かなりすごい。」

ということらしい。私自身も、塾の経験が皆無に近い(中学3年の夏休みに、夏期講習5日のみ)ので、塾の雰囲気というものを知らない。

かなりって、どんなもんなんだろうと、かなり興味はある。

期末テストの目標は「めざせ英語80点!」らしい。

私は「数学のケアレスミス、英語のケアレスミス撲滅!!」といっているのだが・・・。

やはり、長男に関しては(今の段階では)、中学受験をさせて私立中学に進学させてよかったと思う。勉強も、大変そうだが、熱意を持って取り組んでいるし。

これからまだまだ先は長いから、山あり谷ありだろうけれど。

スポンサーサイト

テーマ:中学校生活 - ジャンル:学校・教育

未分類 | 17:34:09
悩みは尽きず
長男は、英語補習、連続更新中。今回もまた40点以下。ただ、前回は全くできていなかったbe動詞と一般動詞の区別はできるようになったようで、点数はUP。Do yuo~?と聞かれているのに、Yes,I am.と答えることはなかった。

前回は動詞のみできるようにの勉強だったので、それはよかったのだが・・・・・

今度は冠詞と定冠詞。a とtheをつける所が分からないらしい。日本語の文章に「1個の」と入っていないからといって、a,anをつけないし、「その」と文にないからtheをつけない。

所有格もあやしいし、複数のsなのか、三人称単数現在のsなのかが混乱している。

苦手とはいえ、中、高で英語を勉強している大人の私には「何でそんなこと!!名詞と動詞の区別も付かんのか!!」と思うが、分からないらしい。

長男にとって、まだ英語とは「言語」ではなく「記号」のようだ・・・。

期末テストまであと1週間ちょっと。学校では期末テストにむけて、希望者補習が夜遅くまである。長男もそれに申し込み、「英語は目指せ80点!!」と意気込んでいる。(ちなみに補習クリア点数が80点なのである・笑)

私にとっても、英語は「絶対にこうです!」といえないことが多く、仕方がないので、中1から中3までの英文法の参考書を購入。

学研 ニューコース 中学1~3年 英文法

電子辞書にも英文法はのっているのだが、まだ使いこなせていないので、見やすく分かりやすい本を選んだ。

動詞にSをつけるときのルールと発音や、名詞に付く形容詞の順序なども説明があるので、とても親切(私に・爆)

さて、悩みといえば、次男。

昨日やった算数の計算プリントにずるを発見。蔭山計算プリントの小数の掛け算をやっているところなのだが、その前の日の問題の答えを丸写し。間違っているところも丸写しだし、繰上りのメモ書きがないし、写し忘れがあったりと、散々な写し方。

以前も、1行ずれて答えを写して、ずる発覚。おまけにちゃんと計算したときよりもタイムが遅いという始末。

ずるをするにしても、もっと何とかならんのか!!(怒)

・・・・・・・・怒るポイントはそこではないのだが。

小数の計算は、学校のカリキュラムで行くと、5年生の学習内容になる。受験をするつもりのない次男には急ぎすぎなのかもしれない。

そこで次男と話し合い。

まず「ずるをしたこと」について。

次男はなりたいものがある。「大改造!劇的リフォーム ビフォー アフター」という番組がある。アスベスト問題のため、毎週の放送はなくなってしまったが、特番で時々放送している。次男はこの番組が大好き。そして将来は「リフォームの匠」になりたいらしい。

そこで「ずるをする人の建てた家はどうなるか?」と聞いた。強度偽装問題、中国の地震で倒壊した建物が記憶にあるらしく

次男 「地震で壊れちゃう。」
私   「中にいた人は?」
次男 「死んじゃう。」
私  「ずるをする人に、家を建てて欲しくない。勉強でずるをしたら、困るのは自分だけだけど、家を建てるのにずるをしたら、住んでいる人に迷惑がかかるから。」

涙ぐむ次男。だが初犯ではないので、母の追求は厳しい。

私  「今度ずるしたどうする?」
次男「もうしません。」
私  「前もそういったよね。でもまたやったじゃない。」
次男 「・・・・・・・」
私  「自分でどうするか、決めなさい。」

しばらくして、

次男 「今度ずるしたら、スイミングをやめます。」

それを、紙に書かせて、目のつくところに貼って、今回はおしまい。

そこでもう1回、勉強内容について話し合った。

今やっている勉強は、兄と同じ学校に行きたいと思った時の、受験勉強の下準備であるが、決して受験用の勉強ではないこと。

特に計算と漢字は、努力さえすれば点が取れる貴重な部分であること。

そして、絶対受験しないというのであれば、先取りの学習はせずに、今までの量を減らすこともできること。

だが次男は、今はまだ受験するかどうかは分からない。でも、兄と同じ学校に行きたいと思うかもしれないので、勉強は続けたいと言った。

まあ、今のままで行くことは決定したが、中学受験に、こんな考え方、勉強方法、状態でいいのだろうか・・・。

長男のときの教訓が全くいかせてない。おまけに合格しちゃったもんだから、「何とかなるだろう」的な安易さが私にもある。

今年の長男の学校の説明会には、去年の倍近い参加があったらしい。おまけに、去年の進学実績が恐ろしく良かったものだから、人気も上がってきそうな予感。公立王国愛知でも、少しづつ私立志向の人が増えているのは確か。

次男の受験のときは、きっと長男のときとはまったく違う状況になっているに違いない。

そう考えると、悩みは尽きない。

テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

未分類 | 08:40:04
だから、とにかく英語!!!
3回連続、英語補習決定の長男。

それも毎回点数が下がってきている。これは黄色信号点灯だ。答案用紙を見ても、あきらかにbe動詞も一般動詞もきちんと理解していない。

今までは、長男に勉強の全てを任せて、私は口を出さずにいたが、彼の勉強方法では、基礎の基礎がうまらないため、私が見ることに。

といっても、口頭で、言わせるだけなんだが。

車の中で、食事中に肯定文、否定文、疑問文を、主語をかえ、動詞を変えて同じような簡単な文を繰り返すだけ。それだけでも、彼の引っかかっているところが丸分かり。

まず、すっと言葉が出てこない。be動詞と、一般動詞を一緒に使おうとする。主語がない、または主語が所有格になる(これは短縮形と混同しているため)

学校では、もうcan、how、where、who、what、が出てきているのだが、その前段階で躓いているので、一向にできるようにならないのだ。

今日は遠足のため、宿題はそれほどでないと思われるし、スイミングも無い。ここで一気に一般動詞、be動詞の基本を復習しなおせればいいのだが・・・。

それにしても、受験勉強しているときよりも、寝る時間が遅くなっている。とにかく部活、スイミング、宿題に追われている日々。

本当によくやっていると思う。自分自身で、かなりがんばってやっているが、英語に関しては手探りなのは仕方が無い。だからこそ、もっと効率よく、楽にできる方法を今は一緒に考えてやらなければと思う。


テーマ:中学校生活 - ジャンル:学校・教育

未分類 | 07:39:10
中間テスト・・・が終わったと思ったら
先日、中間テストの結果が郵送されてきた。

点数的には、英語以外は全て80点台。ただ、数学などはケアレスミス(5の3乗が75になっちゃったり)を多発。かなりの点数を落としているし、社会は80点台でも、順位が半分より少し悪かったり。英語は点数は悪かったし、補習にもなったが、順位的には上位3分の1に位置。やはり初めての英語ということで、苦戦している子が多いのかもしれない。

国語と理科は学年順位が一桁台。あれだけできなかった国語が!!なぜ?!(爆)

全体としては上位20%以内に位置しているようだ。まずまずのスタートだったと思う。本人が結果に満足していないことも、嬉しい。

さて、部活も始まり、水泳部がないので、テニス部に入部した長男。部活がある日は、帰ってくるのが6時半過ぎ。それからスイミングへ行き30分~1時間泳いで帰ってくる。部活ではランニング、筋トレが多いので、泳ぐ時間は少なくなっても、効果はあるかもしれない。

こうやって、順調に中学生活を楽しんでいる長男だが、次はもう期末テストが待っている。6月末からは期末テスト対策補習(希望者)が始まるし、7月には期末テスト。気がついたら、あっという間に1学期が終わっていそうだ・・・。

忙しく、充実した中学生活を送っている兄を見ているが、全くマイペースな次男。まだ受験する気はなし。それでも、毎日私が出した課題を細々とこなしている。

現在次男のやっている課題


漢字 徹底反復蔭山新書き方プリント1P(4年生)
計算 100ます引き算1つ
算数 徹底反復蔭山算数プリント 計算プリント 1P(3順目)


社会 徹底反復蔭山社会プリント 地理 日本の工業(同じところを何度も音読)
国語 言葉力 1100 音読5P分 (現在1回目3/4ほど終了。何度も繰り返す予定)
    仲間のことば1000 (時々自学にて短文づくり)

算数は、蔭山プリントの5年生部分の小数掛け算、割り算、分数の計算を加えて、夏休みまで何度も繰り返すつもり。

夏休みに予定している課題

算数 基本が分かる新算数プリント(4年生)
漢字 漢字100日プリント(4年生)
国語 新・文の並びかえ特訓 中
社会 白地図 暗記の天才 日本のすがた(都道府県、県庁所在地、県のかたちなど)
                  日本の自然(山脈、川、平野、地形など)

1行計算問題マスター1095題(4年生)も買ってあるのだが、これはまだ次男には荷が重いかも・・・。少なくとも、小数の四則計算、分数の足し算引き算をマスターしないと、できない問題も多数含まれているし。時期を見て・・・といったところだろうか。

国語の読解は手付かず。語彙を増やす努力と、文法(主語・述語、修飾・被修飾語、指示語)をひと通りやってからのほうが、読解が楽に進む気がする。これは長男の時の教訓。

理科は相変わらず、本人まかせ。蔭山理科実験プリントをやったり、NHKデジタル教材を見たり、ドングリの観察日記を書いたりしている。いつから系統だったな勉強をさせるか、検討中。まだまだ好きなことを好きにやらせたほうが、「理科大好き!」でいるだろうし。

地味に基礎のみ。どれも5~10分以内で終わる課題ばかり。たぶんこれ以上のことをしようとすると、勉強が嫌いになってしまいそう。

テーマ:中学校生活 - ジャンル:学校・教育

未分類 | 07:54:27
英語!とにかく英語!!
中間テストの結果が出た。まだ順位は一部しか分からないが・・・・。

国語、理科は順位が一桁。数学と社会はまだ分からず。英語は・・・・・悪いと言うことだけは分かっている。80点に届かず、補習組。

今週の確認テストでも、合格点(40/50)に達することができず、再び補習。

勉強はしている。時間だけは。ただ、英語の勉強の方法もまだまだ分かっていないようだ。それどころか「英語」と言うものがどういうものなのかが分かっていない。

とりあえず、「音読をしつこく何度もすること」「主語・動詞」に印をつけるようにと助言した。これは「お母さんが教える国語」と同じ方法。長男は、全くできなかった国語がこれで飛躍的にのびたことを実感しているので、きっと取り組みやすいだろうと思う。

始めたばかりの英語。大きくつまずかず、嫌いにならずにいてくれればいいが・・・・。



テーマ:中学校 - ジャンル:学校・教育

未分類 | 21:38:58

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。