スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
腹をくくる
長男の時は、何がなんだか分からぬまま、とりあえず始めた中学受験。長男の意思がしっかりしていたので、親は物理的な補助だけでゴールを迎えることができた。

物理的な補助だけといっても、塾を決めること、朝起こして、勉強をみて、何を勉強すべきか方針を決めて・・・と、決して楽ではなかった。だが、本人の強い意志があったので、「なだめたり、すかしたり」ということは一切せずに、受験をサポートすることができた。これは、とても大きかったと思う。

問題は次男。兄が行っている学校に興味があるが、どれだけ勉強したかも知っている。大変だったのもよ~~~く知っている。だから、受験に対してはあまりやる気はない。だが、気が変わる可能性も大。

そんな、「やっぱりやめるかも」という状態で勉強を進めるのは、かなり厳しい。最終決定は子供にさせるが、受験させると言う覚悟を少なくとも親が持っていないと、絶対に受験まで行き着けないような気がしている。親の覚悟、親の腹のくくり方といったものが・・・。特に、塾通いしていない我が家は、いつでもやめられるし、「まあ、いいか~」という気持ちに流されがちだ。これで、良い訳がない。

親の覚悟というのは、精神的な面でも、金銭的な面でもいえると思う。受験にかかる費用はもちろんだが、合格したとしたら、私学にかかるお金は、かなり高額になる。受かったはいいが、「やっぱり払えません。」とい事にだけはならないようにしなければならない。我が家の場合、長男が行っているんだから、単純に考えても中・高で最低500万×2が必要になる。それに加えて、大学進学費用も考えなければならない。これも最低でも500万×2、これで足りるか・・・(私立の理系だったら、確実になりない)覚悟を決めて、貯蓄に励まなくてはならない。何もかもが値上げのこの時期、我が家のような、普通のサラリーマンの家庭では、もちろんかなり厳しい。だからこそ、親が腹をくくらなくてはいけないと思っている。

長男の期末テストの様子を見ていても、学校の面倒見の良さ、6年間というスタンスの長さ(これはいいとも悪いともいえない場合もあるが)から考えると、私立中高一貫のメリットは大きい。

さあ、どうしよう。

スポンサーサイト

テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

未分類 | 13:41:26

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。