スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
夏休み1ヶ月前を切る
カレンダーを見て、はたと気が付いた。

夏休みまで、もう1ヶ月もない!

ハリーポッターの前売りを買いながら、心の中で絶叫(爆)
今年の夏休みも、長男は学校と部活とスイミング、次男はスイミングに明け暮れそうだが、スイミングに朝練が追加。6時半から・・・

6時には家を出なきゃ間に合わない。当然、弁当はその前に作りあげなくちゃならない。おまけに、帰りは私が仕事中のため、迎えにいけないので、自転車で帰ってきてもらう。そのために自転車もを積まなくてはならない。(長男は学校&部活のため、たぶん参加できず)

今までよりもハードなのは確実。

さて、次男は今年の夏休みもスイミングとキャンプ、主人の実家への帰省、映画など、盛りだくさんになりそうだが、何よりも勉強が重要だ。

通塾していれば夏期講習に出るだろうが、通塾はまだ考えていないので、家庭学習となる。夏休みの一番の目標は「小6レベルまでの算数の完成」。

「学ぼう算数 6年」(ただいま1/3終了)
「基本がわかる算数プリント 6年」
「倍から割合へ」
「速さと旅人算」

「学ぼう算数は」今までと同じペースで1日例題+練習。
「基本がわかる算数プリント」は1日2枚ペースで30日で終了。
「倍から割合へ」「速さと旅人算」はどちらも全部で60ページほどなので、様子を見ながら。

漢字は「漢字マスター1095題 4年」「漢字100日プリント 5年」が終了したので、夏休みまでは漢字マスターのできなかったところのやり直しと、「徹底反復 書き順プリント」の6年部分。夏休みは目指せ周回遅れ脱出!

「漢字100日プリント 6年」(これはゆっくりペースで)
「計算とじゅくご 4年」(4年の熟語をダメ押し)

「漢字・言葉のきまりトレーニング 5年」と「漢字マスター1095題」どちらを先にやろうか、思案中。前回、「漢字言葉の決まり 4年」をやった後も、いまいち定着していなかったしなぁ。先に時間がかかっても「漢字マスター」を先にやって、「漢字言葉の決まり」でてこ入れのほうがよさそうだ。

国語読解は「読解・作文トレーニング 4年」が終了したので、「日本語トレーニングプリント②」で「蜘蛛の糸・杜氏春」をもう一度。終わったら「新 日本語トレーニング 基礎読解力編(上)」。論理エンジンスパイラル。

社会

「白地図」の完成。
「徹底反復 社会プリント 歴史」部分の音読終了。子供歴史新聞も終了。
できれば、「日本の歴史」1~10(集英社)、「日本の歴史 できごと事典」(集英社)も読んでくれないかなぁ。

理科

「力の5000題」

理科と社会は勉強と言うよりも、「知識を貯める」しかなさそう。今はまだ、たくさん貯めるために、箱にインデックスを張っている感じ。

とらぬ狸のなんとかにならなきゃいいけど・・・・

スポンサーサイト
未分類 | 15:09:02
一は全 全は一
M・アクセス 倍から割合へ 売買算 をはじめている。

だが、次男は、割合がいまいち理解できてない様子。
割合⇔歩合⇔百分率⇔倍が怪しい。

1=100%=10割=1倍 がまだ頭にしみこんでいない。特に割合 「1」が何にあたるかがいまいち理解できていない。

「割合が1の場合、百分率で言うと何?」と聞くと「10%?」と答える始末。母が心の中で「オーマイガッ~~~!!」と叫んでいるのも知らない。

「全体を1として・・・」と言う考え方は、重要なポイント。これができないと、受験算数に歯が立たない。

そこで、いろいろ説明してみるが、やっぱり頭にしみこむ様子はない(涙)

いったいどうしたら・・・・

そこで、呪文のように私が唱える言葉は

「一は全 全は一」

「鋼の錬金術師」です。子供たちが、今一番ホットなアニメの一つです。今日の題がそれでした。

これで覚えてよね!!

テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

未分類 | 21:08:09
ボーナス
ボーナスの季節である。我が家の場合は減るのは決まっているし、もう全て、行き先が決まっているので、これといったこともなし。半減だが、前もって心構えもできていたし、計算もしてあったので、計算どおり出そうなので、それだけで一安心。

少し多く出たら、普段は行かない外食へ行こうか・・・と言うぐらい。

さて、これとは別の、子供たちのボーナスの話。


ボーナスといっても、ボーナスポイント(笑)

次男は、あまりにも計算のケアレスミスが多いので、これはもう、何かで釣るしかない!とはじめた。

1行計算問題集マスター1095題(2日分 6問) をノーミスで3日連続で、シール1枚。3枚たまったら、「母の選んだ素敵なプレゼント進呈」。今回は子供とも相談の結果、「自由研究図鑑」(福音館)の予定(また自由研究!!)

今、やっと2枚たまったところ。もう1枚なのだが、なかなかクリアできず。

これを見ていて、うらやましそうな長男。

私は、「何かで釣る」と言うのは、あまり好きじゃないし、自分のための勉強が、目的が他になりそうなので、嫌なのだが、ちょっとぐらいなら、いいかな?と私自身が納得するレベルでのボーナスポイントを提案してみた。

中間・期末試験で 90点以上 1ポイント
            95点以上 2ポイント
           100点    3ポイント

 

合計10点で500円。ほかに、総合1位をとっても別に500円。(間違っても、ゲーム機やゲームソフトになることはない)

逆に、75点以下 -1ポイント
    60点以下 全ポイント没収

ただし、マイナスにはならなく、学年が変わったらポイントは全てリセットされる。ペナルティもなし。

中間で8ポイントゲットした長男、俄然やる気!(単純なやつ)

まあ、これぐらいが、母の妥協点かな? 

テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

未分類 | 09:23:00
実感
5年生になったばかりの4月、次男に漢検7級(4年生終了程度)の過去問を見せところ・・・

「無理!」

と一言。マジですか?「漢字・言葉のきまりトレーニング 4年生」(水王社)もがっちりやったのに?
だが、しっかりやったと思ったのは、母だけ。本人にはちっとも入っていないことが判明。言葉をあまりにも知らなすぎ!!

嘆いても仕方ないので、はじめたのが言わずと知れた「漢字マスター1095題 4年」。1日で4日分を進めて、もう少しで終了。そこで、4月には「無理」だった、過去問を解かせてみたら、180点弱ぐらいはちゃんと取れていた。

できなかったのは、「音訓」を答える問題。途中で、音と訓の記号が入れ違ったようで、がっぽりと落としていたが、それ以外はちゃんと解けていた。

さすが!日能研!!

漢字マスターは、

問題に答える → 丸付け → 意味のわからない言葉の意味を書き入れておく(母) → 見直し → 翌日、できなかったところをもう一度 → 週末にその週できなかったところの総復習

と言う手順でやっているので、だいぶ定着したようだが・・・・

それでも、必ず間違える字がいくつもある。

特別 (必ず得別になってしまう)
機会 (気会となってしまう)
器械 (機械との使い分けがいまいち)
辞典 事典 (の違い)

建立 時雨 など、読めない字も多数。

もちろん、出てくることわざや慣用句はまったくわかっていないので、母が全部説明を書き込んでおく。わからない言葉の意味のほかにも、反対語や類義語なども書きいれておく。「自転」のところには、地球の自転と公転の絵も書いておいたりする。

本当は、調べるところからやったほうがいいのは分かりきっているが、何しろ時間がないので、そこはしかたがない・・・。

それにしても、漢字マスターは、本当にいい問題が多い。これだけ「できるようになった」と実感したの初めて。それが、次男の「やればできる」という気持ちに繋がったと思う。

学校の漢字練習だけでは、「ドリルの言い回しのみ」しか覚えていないと不安に思っていた。4年生のときの次男の学校の漢字テストは、ほとんどが満点だったのに、漢検7級問題に手も足も出なかったのだから・・・・

マスター1095題一行計算問題集は、かなりハイレベルで、「さすが中学受験用!」と思うが、漢字マスターのほうは、中学受験を考えていない子にも、お勧めしている。そのときは必ず一つ前の学年をと、必ず付け加えている。

あまりにもわからない言葉だらけだと、絶対に嫌になってしまうと思うので。少なくとも、我が家の次男なら、確実にやる気をなくすから。

テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

未分類 | 07:50:21
母の葛藤
兄と同じ中学へ行くといって、自宅学習を続けている次男だが、母としてはとても悩んでいる。(まあ、いつものことだが)

次男は、帰宅したらまずベランダへ行き、どんぐりたちの生育状態を観察し、ゆずの木にいるアゲハチョウの幼虫を眺めるのが日課だ。ほかにも、友達からもらった(おしつけられた?)ひょうたんの実をていねいに洗い、サンドペーパーをかけ、中身を抜いて(結局ひょうたんのくびれたところをカットして、中をきれいにした)、またボンドで張り合わせ・・・と、気のなが~~~い作業が好きだ。

それが次男のいいところ。

それなのに、私は「早く早く」とせっついて、勉強をさせなければいけない。

いや、本当はさせなくたっていいのだけれど、次男が「受験したい」と言うなら、そして本当に受験するならば合格させたい。

次男は勉強にはまじめに取り組んでいるものの、まだまだ甘い

母の焦り 子知らず 

仕方ないとはわかっていても、焦ってしまうのだ。

間に合わない!と勉強へ追い立てる気持ちと、いろいろな観察や研究、興味を持ったことを十分にやらせてやりたい気持ちとがいつも葛藤している。

テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

未分類 | 08:29:34
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。