スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
子どもの言うこと
我が家の、まったく性格の違う兄弟二人。

兄は心配性、弟は能天気。

これはよくあるパターンだと思うが、うちの長男の心配性はちょっとすごい。
翌日提出ではない(金曜日までとか、週明けとか、来週まで)宿題も、その日にやらなくては気がすまない。まあ、それはいいことなのだが、「夏休みの宿題が終わらない!!(泣)」と、夏休み入って1週間ぐらいのときにヒステリーを起こす。

ありえないでしょ。

そして、その宿題各種が終わらないことで、2,3ヶ月に一度は「スイミングやめようかな・・・・」と言い出す。母である私は「もうここでやめよう。と思ったら、やめたって良いじゃない。但し後悔はしないように。」と毎回言っている。結局しばらくすると、「もう少し続ける。」ということになっていたのだが、

今回は少し違った。よりにもよって、これまた心配性な主人に長男は相談したのだ。

主人はとっても子ども思い。そして心配性。新生児のとき、光線治療をすることになれば重大な病気じゃないかと心配し、熱を出せば心配し(だけど夜泣きのときに起きたことはない)、怪我をすれば心配する(血が怖くて、近づけないが)

そして今回も、非常に長男のことを心配して、私にいろいろ言ってくる。

もうやめさせたほうが良いじゃないか、自分から、なかなか言い出せないんじゃないか、などなど。

あのね・・・・・(怒)

そんなの、自分で決めればいいことだし、何で私が四の五の言われなきゃいけないの?やめるな、なんて、一言も言ってないし。

ただ、来年は次男が受験の年になるから、もし、そのときに次男が勉強しているときにだらだらとゲームしたり、テレビ見てたりすれば、怒るけどね。自分が受験した時には、次男にものすごくいろんなことを我慢させたわけだし。

時間がないからこそ、うまく時間を使おうと工夫するという気持ちが生まれるのだから、いきなりスイミングやめてもねぇ。長男は体を動かすのが好きだし、それなら週6練習のスイミングはやめるとしても、テニススクールに入って、週2ぐらい練習しても良いんじゃない?学校の部活だけじゃ、なかなか上達しないしねぇ。

なんて話までしていた。

でも、結局長男は「まだ、そこまで考えてない」と言ったきり、黙ってしまった。

これがまた主人の心配性に火をつけた。

ほら、そんなことも考えられないぐらい大変なんだよ。やっぱりそっと背を押してやめさせたほうが良いんじゃないのかな?だって、長男が言うには、みんなもっと勉強しているし、その日のうちに、出た宿題は全部して、それでその日の予習復習しているらしいよ。もっと本も読みたいって言っていたし。

あのね・・・・・(怒)。

子どもが「友達はみんな・・・」といって、みんなだったためしがあるか?!だいたいね、ほかのお母さんたちと話してごらん、ほかのお母さんがたは口を開けば「本当に勉強しなくって困るわ~」というのが普通なんだよ。私なんて、何も言えないよ!確かに、謙遜して言っているのかもしれないけどさっ。でも、長男は十分よくがんばっているよね。成績だって上位だし、漢検英検の勉強だってものすごく熱心だし。確かに長男の周りは優秀な子が多いんだと思うよ。でもね、みんなもっと勉強しているって言うのは、ありえないから。

だいたいね、

「みんなもっと勉強している」っていうのは、親の台詞なんだよ!

主人・・・・・・(沈黙)


まったく、ほっといても大丈夫な長男より、能天気次男を心配してくれ。

問題の次男、いまだに速さを聞かれているのに、「○○km」(時速が抜けている)という答えを平気で書いて、私に怒られている・・・・(涙)

ほら間違っているよ!というと

「おや?」といって、自分はまったく知りませんという顔をする。

本当に兄弟の性格、足して2で割れたらいいのに・・・・・

スポンサーサイト

テーマ:中学校生活 - ジャンル:学校・教育

未分類 | 14:31:11
我が家のことわざ
日々、子どもの勉強を見ていて思うこと。

「一を聞いて十を知る」って、どんな子?

我が家の場合は「十教えても、せいぜい三がいいとこ」何ですが。ひどいと「百教えて五」とか・・・・?。いや、3日たてば忘れているし。

せめて、「一聞いたら、一を知る」であってくれれば・・・・

「目から鼻に抜ける」なんて、絶対ありえない。

「右から左」には抜けるけど・・・・。いや、正しくは「右から・・・入ってもいない」なのかも・・・。

昨日は運動会で、へとへとだった次男。帰ってきてから、「気持ちだけは」勉強しなきゃと思ったらしい。

十分えらいと思うよ。

でも、気持ちだけで、机で突っ伏して寝ていたらしい。

素直だし、よくやっていると思うよ(基礎の基礎の内容だけど)

結果は伴わないけどね・・・・(爆)

どうなる・・・・我が家の中学受験。

テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

未分類 | 13:33:39
あちらを立てればこちらが立たぬ
このところずっと、分数の足し算引き算を集中的にやらせていた次男。

今日の「計算マスター1095題 5年」の答合わせをしていて、びっくり・・・・

分数の掛け算割り算をなぜ通分して解くんだ・・・・おまけに×(母、がっくり)

どうして、いつもこうなんだろう・・・一つのことを集中的に勉強すると、それはできるようになるが、それ以外はできなくなる(滝涙)

それも、全部間違えているわけではなく、ところどころ。

どう考えても、同じ時間に、同じように勉強したとは思えないようなムラだらけの思考回路

集中力がない・・・というよりも、必死で正しい思考回路を使おうとしているのだが、時々うっかりもともとの回路(いったいどんなだ?)を使ってしまっているような感じ。

1時間=100分になっていることもまだ(時々)あるし。

本当に次男は地球人なんだろうか・・・


テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

未分類 | 15:09:13
またもや一時撤退
足踏み中の割合の問題は飛ばして、次の食塩水の濃度へ入ったが・・・

やっぱり反応がいまいち。

去年から比と割合は少しずつやってきたが、去年は3割=0.3=30%がスムースに行かないので一度止め、5年になって、「原価に3割の利益をつけた定価から30%引き」程度(割合が一つ)の問題なら何とかできるようになったが、二つの割合があるものはできない。何度やってもやっぱり間違うので、きっとそこまで発達していないのだろう。

おまけにしばらく止めていて、再開した「学ぼう算数 6年」の比と割合の問題も、やっぱり反応が悪い。あれだけやったのにもかかわらず

内項の積と外項の積をすっかり忘れている。

結局、「学ぼう算数6年」でつまずいているのも、二つの割合が存在する問題だ(比は、二つの割合を使っている)

ここまでわかれば、即時撤退もやむなし。

それにしても、比・割合はハードルが高いなぁ。

一時、割合、比の文章問題はとめて、簡単な問題からやり直すことにしよう。完全に止めちゃうと、忘れちゃいそうだし。(絶対忘れるだろう・・・というよりも、もう忘れているかも・涙)

未分類 | 07:53:49
足踏み中
倍から割合 売買算 (Mアクセス)、食塩の濃さの手前まで来て足踏み中(食塩の濃さが単元としては最後)

2量以上の関係をであらわして解く問題が解けない。

といている途中で割合なのか、求める値なのかが混乱。違う割合を同じものとして扱っちゃったり、もうぐっちゃぐちゃ。

解いているはしから、かけるのか、割るのかも大混乱。手をかえ品をかえ説明するが、茨の道。それどころか道を踏み外して、がけからまっさかさまな感じ。

割合というのは、なかなかイメージがつかみにくいから、目で見てわかるように説明するのが大変。

こういうとき「塾なら・・・・」と悪魔がささやくんだよね。子どもが「ぱっとわかるように、すばらしい手法で説明してくれるんじゃなかろうか・・・、なんだかすごい、裏技があるんじゃなかろうか・・・」とそんなの幻想だって分かってはいるが。

このレベルじゃあ、一つ一つと解いていくしかないから、私でも付き合える。だけど、説明して、一度分かったということになっても、1週間もたたないうちにまた分からなくなっているから、きっと完全に理解できていないんだろう。

こんなとき、ものすごく悩む。分からなくても、毎日1問でも解いて、その方法になじませたほうがいいのか、しばらくほっといて、できるようになるのを待つか。

しんどいバトルを繰り広げるぐらいなら、一回すっぱり止めちゃって、また改めてやるとすっとできる足りすることも多いが、まったく忘れちゃって「これってなんでしたっけ??」となる危険性もある。

あ~~~、ギャンブルはしたくない。でも、これ以上バトルしても、お互いに消耗するだけなぁ。

本当に悩んでばかりの母である。
 

テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

未分類 | 23:09:49
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。