スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
またもや、恐ろしい穴、発覚
さて、そんなこんなで、受験日も近くなり、長男は、もう1校受験したのですが、今回はすっぱりとしませんでした。理由は次男がなんとも言わなかったからです。

長男は模試も1回も受けていませんでした。当時、塾にほとんど行っていない生徒が模試を受けるための手続きをどうしたらいいのか、母がまったく分からなかったからです。ですが、次男のときは、四谷大塚のネット会員(無料)になり、模試の日程や申し込みをすることができるようになりました。格段の進歩です(母としては!)

スイミングは、1月になってから、土曜と日曜だけはお休みしました。そうでないと、4科を通してテストする時間がとれなかったからです。それ以外は、冬休み中の2回練習も1回は行っていました。

1月にはいってから、小論文の強化を始めました。それまでに、長男のときも使った「考える力をつける」〈学研)をやって、考えの道筋のつけ方、文章の組み立て方などをやっていましたが、実際に文章を書き始めました。そこで、またもや巨大な「穴」が発覚するわけです。

長男は、とにかく国語ができませんでした。やれどもやれども、最初から最後まで闇を手探りで進むような状態でした。そのときの教訓から、次男には、これでもか!と言うぐらいスモールステップで勉強を進めてきました。文法、語彙、それからいろんなタイプの文章を読ませること。ここに時間をかけたおかげか、次男はそれど国語ができないと言う感じではありませんでした。それに、そこここに巨大な穴があるので、それなりにできていることは後回しになりがちです。小論文が後回しになってしまったのも、次男がそれほど書くのを苦手にしている封ではなかったからなのです。

しかし、実際に書かせてみて、驚愕の事実がまた!!

句読点のつけ方がおかしいのです。明らかに文が終わっているのに、「、」をつけてしまうのです。おまけに漢字間違い、送り仮名間違い、ひらがなの書き間違いが、ものすごく多いのです。

小論文の内容としては、それなりにかけているのですが、間違いがそこここにボロボロとあるのです。もう、めまいがしました。

長男のときには、考えられなかったことでした。まさか、こんなところに落とし穴が・・・・(滝涙)

結局この癖は、最後までなおせませんでした。そのせいかどうかは分かりませんが、2回受験のうちの1回、「小論文と算数」の試験は残念ながら不合格でした。

そして、卒業式の日に受け取った「お父さんお母さんへ」と言う手紙に漢字間違いひとつ。壁に貼ってあった「将来の夢」に送り仮名間違いを発見したは、激しく脱力しました。
スポンサーサイト


テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

未分類 | 21:54:53

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。