スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
試行錯誤
4月半ばの、長男の爆弾発言より、始まった「受験勉強」。本人のやる気はものすごいものがあるが、親がそれについていけない。まず、私も主人も中学受験などしたことがないので、どんな勉強をさえていいのか、分からない。

だが、そんなことも言っていられないので、問題集を参考にとりあえず出来るところ(出来そうなところ)から始める。

算数は、5年の終わりに買った「算数力」(6年生以上)を進めていく。国語は、「実力突破 国語」の、長文を。社会と理科は「でる順」を。

まず、算数は学校の自由学習に勉強を一部組み込んで、問題をコピーし、ノートにはってそれをやらせることにした。他の、理科・社会・国語は朝と夜の勉強時間に。

だが、ネットで勉強方法を調べたりするうちに、これではダメだと思い、学校の自由学習に、漢字と計算問題(どちらもでる順)を追加した。そして、週末には、その週勉強したことのテストをやって、総復習。

1ヶ月ほどした頃、私が息切れし始めた。全教科を見て、週末はテストを作り、そのほかにもPTA役員や子供会役員、管理組合役員など、他の仕事。もう限界!!と爆発。

そこで、夫婦で話し合い、主人に理科を見てもらうことになった。これでだいぶ楽になったが、それでも、夕方の食事準備の最中に勉強をみなければならないことが多く、そのため、夕食準備を昼に済ませ・・・としているうちに、またオーバーワーク。家の中の仕事が回らなくなってしまった。

それに、夜、スイミングのあと9時半から11時近くまで勉強していると、明らかに頭の回転が悪くなっているのが分かる。これでは、無駄が多い。それから、自由学習も、先生から「自分で考えた勉強を」と言うコメントもあり、受験勉強をやらせているのも、ちょっと・・・という雰囲気。再び、方法を変えることにする。


朝、国語か算数。学校から帰ってきたら宿題の他に自由学習に計算、漢字と自分で考えた勉強。夜は、理科か社会(暗記が多いもの)とした。そして、各教科それぞれ必要に応じて宿題も出すことにした。そして、土日はテストと総復習。

我が家の長男は、非常に生真面目で、「宿題」と聞くと、「必ずやらなくてはならない」と思うらしく、時間の合間を見つけて、一生懸命やっている。

そのほか、スイミングへ行く車の中でも、慣用句やことわざを見て覚えている。これなら、運転しながらでも私も説明できるし、会話も弾んでなかなか楽しい。(帰りの車は夜なので、もちろん出来ない。そもそもくたくたで、それどころではないだろうし)

そんなこんなで、我が家の長男、ただ今、遊ぶヒマもテレビを見るヒマも、もちろんゲームを見るヒマもない。

「それでいいの?」と聞くと、「水泳と勉強できれば、それでいい」

う~~~ん、6年生でこれでいいんだろうか?と思いつつも、本人の意思が固く、あまりに一生懸命なので、「ま、いいか。」と思うことにしている。

ただ、そのその意思の固さに見合うほどの理解力は・・・・・ない(爆)
スポンサーサイト


テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

未分類 | 14:51:54

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。