スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
理科トレ
また買ってしまった・・・〈苦笑〉理科の実験系の本。ここまで来ると、母の趣味。次男も大喜びだし。

理科トレ
理科トレ2(蔭山英男 学研)

これは、小学生でも、一人でできそうな簡単な実験ばかりが載っている本。
ありがちなんだけど、1枚にまとめられていて、子ども一人でもできるようになっているのが◎。

さて、最初の「紅茶の色の変わる実験」をやってみようと持ちかけると、いつもの計算・漢字の勉強を超特急でやってきた。

紅茶にレモンを入れると、色が変わる。

ほかに、テキストではスポーツドリンク、サラダ油、酢も入れて、色の変化を見てみようなっている。

そこで、他に入れたいものを聞いてはちみつもプラス。

実際に、「同じ色の同じぐらいの大きさのカップに、同じぐらいの量の紅茶を入れて条件をそろえて」実験開始。何も入れない紅茶も残しておくことを忘れずに。

実験結果が出たら、裏を読み、原理を簡単に理解する。色の変化をおこしているのは、「クエン酸」なので、製菓用のクエン酸でも試してみる。どれも、匂いと味も確認。(お酢入りのお茶は、かなりまずい。匂いも・・・・×)

実験が終わったら、きちんとノートにまとめる。いつもは文章を書くのが嫌いで、いや~~~な顔をする次男だが、大喜びでまとめている。好きって、すごい〈笑)

そういえば、毎年、赤紫蘇がでまわると、紫蘇ジュースを作り、クエン酸を入れて色の変わるところも見せていたと言うのに、「そうだっけ?」といっている。今年見たら、ちゃんと覚えていてくれるだろう。
スポンサーサイト


テーマ:家庭学習 - ジャンル:学校・教育

未分類 | 11:45:16

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。