スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
あははは・・・・って、笑っている場合じゃないんだけどね
11月の始めに勉強内容を変えてのだが、半月でまた大きく変化。

算数のつまづきをなくす!蔭山流算数トレーニング 文章題

簡単でいいのだが、とっとと進み、あっという間で割合に到達。「基本が分かる算数プリント5年」も、割合に入ったとたんにギブアップした次男。今回もあっさりギブアップ。これ以降は植木算はまだしも、旅人算だの通過算だの損益算だの、濃度になってしまうので、いくら簡単とはいえ私が次男に理解させるのは至難のワザ。どちらかがそれなりにも優秀ならどうにかなるのかもしれないが、どちらもぱっとしないので、撤退するに限る。深追いすると、次男は「面倒くさいし、分からないし、やだやだ」モードになること間違いなし。

そこで途中でやめて、エム・アクセス「文章題 和差算・分配算 小3レベル」を始めた。

小3レベル、楽勝・・・と思ったら、大間違い。最初から

「わかんない・・・・・」

この問題集、最初は線分図を読み取って答えを出すだけなのだが、この線分図を読みとることがまったく出来ない。

あきれるよりも、感心してしまった。

教えなくても出来るもんだと思っていたが、教えないと出来ないのか。ひゃ~~~~!!!一度教えても、違うパターンがでてくると再び、「わかんない」。ぎゃ~~~~!!!

普通に小学校で勉強しているだけじゃあ(成績が良くても)、こんなにいろんなことが出来ないのね・・・。長男が受験すると言い出して、勉強見ていて「こんなことも出来ないの?!」と言う根っこは、ここからあったのか・・・。(もしかして、これ以前にもあるのかも)

我が家の子ども達、決して1を教えても、2を教えなければ分からないタイプ。出来なくても仕方ない。今、「出来ない」ことが分かって、よしとするか・・・。

そしてもう一つ。

エム・アクセスの四則計算パズルが後残り10問を切ったところで、10分で解くのが辛くなってきたようなので、これは土日に回すことにした。

そして、始めたのが「一行計算問題集 マスター1095題 4年」

こちらも、そこそこできるだろうと思っていたが、36問やって、16問間違い。ぎゃ~~~~~!!!大きい数にいたっては全滅。ひゃ~~~~~~!!!

こちら、4年じゃなくて、3年にすべきだったか・・・(ちょっと後悔)退却するか否かは次男と相談してみよう。しんどいと言えばすぐにランクダウン(爆)

「国語なそぺー」はさすがにさくさく半月ほどで終了。「おかわり」に突入。おかわりが終わったら、「出口汪の新日本語トレーニング1~4」をスタンバイ。

とにかく「無理なこと」はさせたくない。長男が4年の時なんて、宿題以外に勉強したことなんてなかった。「1日15分」の通信添削でさえパス。とにかく外で遊ぶこと、ゲームすること、それから水泳。それだけ。

でも自分で受験すると決めたら、あとは全力で走ることが出来た。大事なのはとにかく「自分で走ること」。

意志の強さで走りぬいた長男と、お気楽次男では、とても同じようには行かないだろう。だからこそ、スモールステップでも、基礎固めをしっかりしておきたいのだ。

全く分からないと、やる気なしなし君になってしまう次男。でも、ちょっとした弾みがあれば、俄然やる気が出るお調子もの。

おだてて、その気にさせるのも、親の腕。
スポンサーサイト


テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

未分類 | 13:57:53

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。